香港HSBC口座開設ツアー

香港HSBC口座開設ツアーに参加

メールアドレス

香港HSBCの口座開設サポートを受けてみた

口座開設のサポートを含め、通訳を付けてはいけないという通達が、かつて香港HSBCで出されていた。しかし、実際にはこの通達が守られているわけではなく、すでに実績のある口座開設のサポートであれば、事実上黙認されている。

ということで、これまでに私の知人も含め、数多くの人の香港HSBC及びBOOM証券・中国銀行の口座開設サポートをしてきた株式会社ボーダレスワークスの玉利社長のツアーに申し込んだ。

私の場合、すでにHSBCプレミアの口座はマレーシアで開設済み。そのため、本来なら必要な100万香港ドルの最低預金額は不要。単純に口座開設だけ行なって、あとはネットバンキング等を使える状態にしておけばいい。

この日のツアーの参加者は私を含めて4人。うち1組はご夫婦で、香港HSBC香港のアドバンス口座の開設にやって来ていた。

待ち合わせは九龍地区のアドミラルティ(金鐘)という駅で。そこから、玉利社長がツアーで使っている香港HSBCの支店(パシフィック・プレイス支店?)へ。土曜日でも営業しているのが日本とは違うところ。

銀行が開くのと同時に、玉利社長がすでにパイプを持っている担当者の元で口座を開設。特に何もしなくても、スイスイ進んでいく。言われた場所にサインをして、投資の目的やリスク耐性についての質問に答えていく。

リスク耐性の質問とは、どれだけリスクを取る覚悟があるかの質問だが、玉利社長の方で日本語訳を用意してくれているので、英語の質問を理解できなくても問題はなかった。その後、この答え(5択)を読み上げるのだが、担当者が英語で質問、こちらがAとかBとか答えるだけ。これは香港HSBCに特有なのか、マレーシアのHSBCで口座を開設した時にはなかった手続きだ。

口座開設後、PINコード等のATMの設定を行い、一応3,000香港ドルほど入金してみた。1時間もかからずに香港HSBCの口座開設終了。終始、流暢な英語を話す玉利社長だったが、ツアーの続きで中国銀行に行った際には、ネイティブレベルの中国語を話すのを見ることになる。日本語と合わせ、3ヶ国語をネイティブレベルで話すトリリンガルということか。ちなみに、玉利社長は日本人。念のため。

株式会社ボーダレスワークスのアフターサポート

香港HSBCを後にして中国銀行の口座開設、再び香港に戻ってディナーをご一緒した後、翌日には香港HSBCの操作マニュアルがメールで送られてきた。すべて日本語で書かれているので、これは便利だ。

問題が起こった時には、玉利社長のサポートを受けられるので、無理に自分で対応する必要がない。実際のところ、ネットバンキングを使おうとしても、よく分からないところが出てくる。お金の移動のこととなると、適当に実行してしまうわけにもいかない。そんな時に、心強い味方となってくれている。

サポートのメールももらえるので、単純に香港HSBCの口座を開設して、ツアーが終わったら仕事終了、という業者とはアフターサポートのレベルが全く違うというのが印象だった。

知人の紹介を通して、信頼出来る人という評判を聞いて申し込んだが、このツアーに参加して正解だった。

もし安心したサポートを受けながら、香港HSBCや中国銀行の口座開設をしたいのであれば(他のBOOM証券も可能)、こちらから詳細を確認可能

香港HSBC口座開設ツアーに参加記事一覧

HSBCマレーシアから香港へ、自分の口座間で送金

グローバルビューの設定を行ったことで、HSBCマレーシアとHSBC香港の自分の口座をつなげることができた。今回は、初送金の時の話を。自分の口座同士の送金は、HSBCマレーシアの左側にある「Go To Global View」のボタンからグローバルビューのページに飛ぶ。そうすると、グローバルビューに登...

≫続きを読む

 

HSBCに口座を持つメリット

HSBCには世界各地に進出しているため、そこに口座を持っているということは、それだけ送金等の自由度が高まることになる。たとえば、マレーシアのHSBCだけではなく、香港にも口座を開いておくことによって、海外送金料が無料になり、他行への振り込みのように時間がかかることもなくなる。海外に送金しようと思うと...

≫続きを読む

 

HSBC香港とマレーシアのグローバルビュー設定

HSBCマレーシア及びHSBC香港で、それぞれプレミア口座を開設したので、送金ができるようにグローバルビュー(Global View)の設定を行った。まずはHSBCマレーシアの画面にログイン。すると、左側のメニューの中の上の方に「Go To Global View」と書いてある。ここから香港側の設定...

≫続きを読む

 

HSBC香港のインターネットバンキングでの口座ロックを防ぐ

HSBC香港のインターネットバンキングを使っていて、ユーザー名やパスワードを3回間違えると、ロックがかかってしまう。しかも解除には現地まで行かなくてはいけないのだから恐ろしい。何気なく3回連続で間違えてしまったら・・・。しかし、ユーザー名やパスワードをメモしておくのもセキュリティ上、問題がある。そし...

≫続きを読む

 

海外投資の最初の一歩にHSBC香港は最適

海外投資を始めるのなら、最初の一歩はHSBC香港の口座開設と言われることが多い。私はかなり後回しにしてしまったが、そのおかげで意味がよくわかった。HSBC香港は資金の移動に便利であったり、両替手数料が有利だったりする。そのため、まずはここを拠点にお金を動かすというのは、海外投資の基本になる。私は当初...

≫続きを読む

 

HSBC香港の口座内で日本円から香港ドルに両替

Pay Forexを初めて使って日本円をHSBC香港の口座に送金したので、円高のうちに香港ドルに両替してみることにした。ということで、早速HSBC香港にログイン。と思ったらなぜか1回ログイン失敗。もう一度同じパスワードを打ち込んだら入れたので、単純な打ち間違いらしい。ログイン後は、まずBanking...

≫続きを読む

 

HSBC香港からの他の銀行への送金

HSBC香港から、自分名義ではない香港のCITI BANKへの振り込みを行なってみた。この口座から他の銀行への送金は初めて。まずはネットバンキングにログインして、上の方にあるメニューバーから「Banking」を選択後、「To a non-HSBC Account - e-Transfer」をクリック...

≫続きを読む

 

HSBCプレミア口座の最低預金額を国別に比較

HSBCのプレミア口座を開くためには、最低預金額を預けなくてはならない。実際には、この金額を下回っても毎月口座維持手数料が引かれるだけで、すぐに口座が凍結されたり、閉鎖されるわけではないが。この最低預金額というのは、世界共通の基準があるわけではない。国によって異なる上、最初にどこかの国でHSBCプレ...

≫続きを読む

 

HSBC香港からマレーシア送金時のエラー?

私はHSBC香港に余分な資金を置いているのだが、住んでいるのがマレーシアなので、生活費をHSBC香港からHSBCマレーシアにグローバルビューを介して送金することにした。そうすると、以下のようなエラー?メッセージが出た。「The funds have been debited from the "Fr...

≫続きを読む

 

ホーム サイトマップ
ホーム 投資を基礎から学ぶには 伊田の投資マップ お問い合わせ