中国銀行口座開設 定期預金

中国銀行の口座開設で深センへ

メールアドレス

サインだけで口座開設・定期預金が完了

香港HSBCに続き、口座開設ツアーで中国銀行へ。香港からMTRを使って中国・深センの国境まで行って、徒歩でイミグレを通過する。そして、そこから地下鉄で目指す支店へ。

香港HSBCの口座開設の様子はこちら

この日は土曜日だったが、中国銀行は主要支店限定で営業しているという話。今回訪れたのも、深センの中で最大規模の支店だった。

香港では問題のなかった天気が、深センに着いた時には土砂降りに。急遽傘を購入したが、駅から5分もかからない中国銀行に付く頃には足元がビショビショになるほど。

中国銀行に入ってから写真を撮ろうとしたら、銀行員に制止された。入り口のところだったので機密情報等は関係なさそうだが、撮影禁止らしい。

土曜日なので、あまり人はいない。銀行員も少ないし、訪れる預金者もまばら。順番待ちの札を取り、しばし海外投資談義に。さすがに世界屈指の金融都市、香港で活躍するだけあって、今回の口座開設のサポートをしていただいた玉利社長の知識は豊富だ。濡れた靴の気持ち悪さも、いつの間にか忘れて聞き入ってしまった。

順番が回ってきたところで、窓口へ。玉利社長いわく、この担当は仕事が早いらしい(隣は仕事が遅いので、できれば避けたかったという話)。

口座開設なのだが、英語で会話をする香港HSBCとは違い、中国銀行では中国語のみのやり取り。もはや何を言っているのか、まったく理解不能(笑)。ということで、玉利社長に丸投げして、時折サインをするだけに徹する。

そんな状態でも、特に問題なく中国銀行の口座を開設できた。英語に続き、ネイティブ並の中国語を操る玉利社長に感謝だ。そのまま、中国銀行内に設置されているパソコンを使って、ネットバンキングの使い方のレクチャーを受けた。

ちなみに、中国銀行のネットバンキングを遣う際には、インターネットエクスプローラーしか使えないということ。私の場合、普段はグーグル・クロームを使っているので、ここは注意しなくてはならないようだ。

この日は中国銀行の口座開設に加え、定期預金もしてきた。これで元に資産の一部を分散し、さらに高金利の定期預金をしておくことができた。確実に資産の分散が進んでいるのは、常に将来に不安を感じてしまう小心者としては嬉しいところ。

深センにもスコールがあるのか、待ち時間を合わせても1時間足らずの口座開設が終わると、土砂降りだった雨がすっかり止んでいた。

中国銀行の口座開設で深センへ記事一覧

中国銀行のネットバンキングを使ってみた

深センでの口座開設から2週間ほど、自宅で中国銀行のネットバンキングにログインしてみることにした。まず、第一の関門は、中国銀行の場合、ネットバンキングの操作がインターネットエクスプローラーでしかできないということ。見事にこのアドバイスを忘れ、グーグル・クロームを使い、悪戦苦闘。その後、思い出してインタ...

≫続きを読む

 

ホーム サイトマップ
ホーム 投資を基礎から学ぶには 伊田の投資マップ お問い合わせ