タイ 銀行口座開設

タイの銀行口座開設に失敗

メールアドレス

カシコン銀行へ口座開設に行ってみた

よく行く国ということもあり、旅行で訪れたついでに、タイに銀行口座を開設してみようかと思った。HSBCはタイから撤退すると聞いていたので、それ以外を選ぶ必要がある。

ただ、タイの銀行口座は外国人の開設が難しくなっているという話も聞いていた。現地で働いていて、ワーキングパーミッション(労働許可)を持っていれば口座開設が可能という話もあったが、私はタイには住んでいないし、もちろんワーキングパーミッションなんて持っていない。

ということで、2012年2月、ダメ元でタイのカシコン銀行へ。一応、パスポートと日本の運転免許証、住所証明を持参。書類に不備があれば、次にタイに来た時にでも挑戦すればいいと思って、事前の下調べはほどほどに(ネットでサイトを見て回った程度)銀行へ行ってみた。

結果としては、口座開設は不可。日本人を含む外国人の口座開設は、タイでは無理だと言われてしまった。このパターン、マレーシアとまったく同じ。会社からのレターがないとダメらしい。マレーシアでは紹介で口座を開設できたが、ネットで調べる限りタイでも同様の事例はあるらしい。

ダメ元で行ったので、特にがっかりすることもなく銀行を後にした。正直なところ、タイに口座を開設したところで何をするかを決めていたわけでもなく、単純に各国に口座を持っておけば何かの役に立つかもしれないという程度の気持ちだったので、これはこれでよしとしよう。

タイの銀行口座開設に失敗関連ページ

マレーシアの銀行口座開設事情
移住後にマレーシアで銀行口座の開設を申請したら、複数の金融機関から断られてしまった。そんな中、最後には無事に口座を開けた理由とは?
ニュージーランド系銀行口座(Ocean Trust)を開設
HSBCのプレミア口座を持つまでは、海外送金をニュージーランド系の銀行口座であるOcean Trustで行なっていた。その使い勝手についてまとめておく。
PayForexに登録してみた
海外送金のためにPayForexを使うことに決め、申し込んだ。登録までの経緯や使ってみた感想について。
ゴーロイズ銀行が新生銀行に吸収される
日本から海外への送金をゴーロイズ銀行に切り替えようと思っていた矢先、新生銀行に吸収されるというニュースが入り、他の手段を考えなくてはならなくなってしまった。
三菱東京UFJ銀行のEco通帳に登録してみた
三菱東京UFJ銀行のネットバンキングだと通常は2ヶ月しか入出金履歴を見ることができないため、最大で25ヶ月の履歴を確認できるEco通帳に登録してみた。
楽天銀行は海外送金不可
楽天銀行で海外送金をしようと思ったところ、法人口座では可能であるものの、個人の場合には対応していないことが発覚した。
海外送金の限度額に挑戦する
海外送金には金額に限度が決まっている。これは明示されている場合もあれば、一定額を超えると事実上の制限をしてくることもある。私の例を上げて説明してみよう。
海外送金の日数を短縮する方法
各国で投資をしている関係で、海外送金の方法はいろいろ試してみた。その中でも、早いものなら翌日には着金させることができ、時間がかからなくて助かっている。

ホーム サイトマップ
ホーム 投資を基礎から学ぶには 伊田の投資マップ お問い合わせ