海外銀行口座開設

海外銀行口座の開設に各国でチャレンジ

メールアドレス

各国で海外銀行の口座開設へ

世界各国に銀行はあるが、使い勝手のいいもの、悪いものがある。個人的に必要が生じる銀行口座もあれば、まったく不要なものも。

海外投資をしていく上で、送金やインカムゲイン・キャピタルゲインの受け取りにその国の銀行口座を開設しておくと便利なことは多い。

こうした事情があり、私自身も複数の海外銀行の口座を開設してきたし、今後も開設していくことになるだろう。私は必要に応じて開設するだけだが、友人の海外銀行の口座開設のプロフェッショナルにいたっては、行く先々で口座開設にチャレンジしている。

どの国の銀行が良いのか、そこで暮らしていない日本人でも開設はできるのか、こうした点をまとめていこうと思う。

海外銀行口座の開設に各国でチャレンジ記事一覧

マレーシアの銀行口座開設事情

マレーシアに移住してから、銀行の口座開設に向かった。家賃の支払いもあるので、やはり現地の銀行に口座を持っていないと不便だったため。私の住んでいるのは、マレーシアの中でもジョホールバルという街だが、ジョホールバルの中でもタマンモレックという地区は数多くの金融機関が並んでいる。風水で見ると価値が高いらし...

≫続きを読む

 

ニュージーランド系銀行口座(Ocean Trust)を開設

海外投資をする上で、海外送金は必須の条件となる。そのために私が最初に開設したのは、ニュージーランド系の銀行口座、Ocean Trustだった。その後、HSBCプレミアの口座を持つことになるのだが、それまではOcean Trustを使用していた。というのは、最低預入金額の規制もないので、とてもハードル...

≫続きを読む

 

タイの銀行口座開設に失敗

よく行く国ということもあり、旅行で訪れたついでに、タイに銀行口座を開設してみようかと思った。HSBCはタイから撤退すると聞いていたので、それ以外を選ぶ必要がある。ただ、タイの銀行口座は外国人の開設が難しくなっているという話も聞いていた。現地で働いていて、ワーキングパーミッション(労働許可)を持ってい...

≫続きを読む

 

PayForexに登録してみた

以前に使っていたニュージーランド系の海外口座が使えなくなったり、日本からHSBCが撤退したり、ゴーロイズ銀行が新生銀行に吸収されたりしたため、今後は新しく海外送金にPayForexを使うことにした。それにしても、どんどん海外送金のハードルが高くなっている・・・PayForexを選んだのは、手数料が安...

≫続きを読む

 

ゴーロイズ銀行が新生銀行に吸収される

これまでに使っていたニュージーランド系の銀行、Ocean Trustが経由での海外送金ができなくなったことに伴い、ゴーロイズ銀行を通して日本から海外にお金を送ろうかと思っていたところ、今度はゴーロイズ銀行が新生銀行に吸収されるというニュースが入ってきた。実は、ゴーロイズ銀行は昨年の段階で、申し込みは...

≫続きを読む

 

三菱東京UFJ銀行のEco通帳に登録してみた

三菱東京UFJ銀行のネットバンキングを見ていて、2ヶ月前の入出金履歴しか見れないことが不満だった。いちいち記帳に行かない限り、もっと長い期間での入出金の確認はできない。Eco通帳というサービスに申し込むと、この期間が最大で25ヶ月まで延びるらしい。ということで、三菱東京UFJ銀行のネットバンキングの...

≫続きを読む

 

楽天銀行は海外送金不可

日本にいる間はメインで使っていたのが楽天銀行。国内なら送金手数料も安いし、使い勝手もいい。デビットカードを使って、マレーシア移住後もATMでお金を引出したりもしていた。ただ、海外送金をしようと思って楽天銀行のサイトを見ていたら、対応しているのは法人口座のみであることが分かった。つまり、個人名義の口座...

≫続きを読む

 

海外送金の限度額に挑戦する

自分のお金なのに自由に動かせない。こんな現実がある。海外送金においては、上限となる限度額が明確に示されていたり、銀行によっては明示の規定はないものの、目的の調査等を厳しく行うことによって事実上の制限をしていたりする。たとえば、私が使っているPayforexというサービスの場合には、1回の海外送金限度...

≫続きを読む

 

海外送金の日数を短縮する方法

フィリピンやタイ、香港、米国等で投資をしている関係で、海外送金を毎月行なっている。私の場合、日本から主な収入を得ているので、毎月お金を日本から出して、外貨に変えてリスクヘッジをしている。その際の海外送金の日数だが、早いものは翌日に完了する。たとえば、最近使っているPayforexというサービス。着金...

≫続きを読む

 

ホーム サイトマップ
ホーム 投資を基礎から学ぶには 伊田の投資マップ お問い合わせ