タイ ローン アユタヤ 不動産

タイでローンを組めるということ

メールアドレス

アユタヤ案件のローンは例外

東南アジアの中でも交通の要所となり、経済発展もいちじるしいタイだが、外国人が不動産投資をするには融資を受けるのが難しく、ローンが組めないという問題があった。

何度か足を運び、タイの過ごしやすさ、人の穏やかさ、経済発展の中にあることを感じてはいたものの、なかなか投資のチャンスはなく、この点では難しい国という印象も持っていた。

そんな中で出てきたのが、バンコクの郊外にある街、アユタヤのコンドミニアムへの不動産投資。建設前に購入するプレビルドと呼ばれるタイプの投資だ。

今回の案件だと、販売する会社がローンを付けてくれるため、タイの銀行の融資が受けられなくても分割することができる。不動産投資は融資を受けることで投資効率が上がるため、これは大きなメリットとなる。

たとえば、80%のローンが降りれば、最初は20%だけで投資を始められる。その状態で不動産価格が20%上がれば、最初に投資した金額に対し、100%の値上がりをしたことになる。その後のローンの返済は家賃で相殺出来る部分もあるため、いきなり全額を出すよりも、はるかに効率的な運用ができてしまう。

この投資効率を高めていくことによって、資産が増えるスピードは違ってくることに。これから先が楽しみだ。

タイでローンを組めるということ関連ページ

タイ・アユタヤの物件のローン
タイのアユタヤで購入した不動産物件のローンの組み方について。今回のコンドミニアムは銀行から融資を受けるのではない形で手続きを進めた。
アユタヤが万博候補地に正式決定!
タイで銀行口座の開設に挑戦
現地に住んでいない限り、タイの銀行口座は開設できなくなったと聞いた。それが本当なのかどうか、実際にバンコク銀行とカシコン銀行に足を運んで確かめてみた。

ホーム サイトマップ
ホーム 投資を基礎から学ぶには 伊田の投資マップ お問い合わせ