タイ アユタヤ ローン

タイ・アユタヤの物件のローン

メールアドレス

アユタヤの不動産のローンの組み方

海外で不動産を購入する場合、通常ならその国の銀行に申請し、ローンを組む形になる。どの程度のパーセンテージが出てくるかは、国によっても違えば、購入者の信用度によっても変わってくる。

今回、私が購入したタイにあるアユタヤの物件に関しては、銀行ではなく、販売者がローンを組む形になっている。そのため、銀行による与信調査等がなく、提出する書類も少なくて済んで利便性が高かった。

私が個人事業主であることもあり、サラリーマンに比べると銀行からの融資においては不利に働く。残念ながら、収入が私の半分以下であっても、毎月の給料が入ってくるサラリーマンの方がローンを組みやすいのは、日本に特有ではなく、多くの国に共通する事情だ。

不動産投資はローンを組むことによって、当初の出資額を小さく抑えることができ、利回りを高めることができる。融資が下りないというのは、たとえ利益を出せたとしても利回りを大幅に落とすことになり、投資効率を下げてしまうのだ。

海外居住者で個人事業主というのは、不動産投資においてはかなり面倒な立場でもある。今後、マカオかマレーシアで法人を作り、それによって信用を高めることも考えているが、それも2年程度の履歴がないと、あまり意味がないらしい。そうした意味で、今回のアユタヤの物件については、初の海外不動産投資でローンを組むことができたという大きな意味を持っていると考えている。

タイ・アユタヤの物件のローン関連ページ

タイでローンを組めるということ
本来、タイでは外国人はローンを組めないにもかかわらず、アユタヤの不動産ではそれが可能だった。その理由について。
アユタヤが万博候補地に正式決定!
タイで銀行口座の開設に挑戦
現地に住んでいない限り、タイの銀行口座は開設できなくなったと聞いた。それが本当なのかどうか、実際にバンコク銀行とカシコン銀行に足を運んで確かめてみた。

ホーム サイトマップ
ホーム 投資を基礎から学ぶには 伊田の投資マップ お問い合わせ