タイ銀行口座開設

タイで銀行口座の開設に挑戦

メールアドレス

口座開設のため、バンコク銀行とカシコン銀行へ

タイの銀行口座は現地に住んでいない限り開設できなくなったと聞いた。特にタイの銀行口座を開設する必要には迫られていなかったが、この情報の真偽をはっきりさせるため、バンコクにて試してみた。

無理と聞いているのに挑戦するのは無謀だと思うかもしれない。そもそも必要性もないのに行くのはムダだと思うかもしれない。それはもっともだ。ただ、タイの銀行の口座開設ができなくなったのは最近、しかも有力者の紹介があれば問題ないらしい。

このような段階では、往々にして曖昧な対応になっているし、同じ銀行でも視点や担当者によって違ったりもする。ちなみに、私もマレーシアの銀行に1人で行ったらまったく相手にされなかったのに、ある投資家の紹介で行ったら、あっさり開設できた。新興国には、そういうところがある。

ということで、タイに遊びに来たついでに、銀行に立ち寄って口座開設を試みることに。うまく行けば、先日購入したバンコク近くの都市、アユタヤの不動産投資からの収入を、その口座に入れることもできるかもしれない。

一応パスポートと住所証明書になるマレーシアの銀行の残高証明書を手に、バンコク銀行に行った。結果、撃墜 。会社の証明書がないとダメらしい。

その後、カシコン銀行へも足を運んだが、同様の結果に。タイで働いていない限り、銀行口座は持てないということだった。HSBCもタイからは撤退してしまったし、タイでの資金移動を効率的に行うのは難しそうだ。よく行く国だけに、銀行口座ぐらいは持っていてもいいかと思ったのだが・・・

タイで銀行口座の開設に挑戦関連ページ

タイでローンを組めるということ
本来、タイでは外国人はローンを組めないにもかかわらず、アユタヤの不動産ではそれが可能だった。その理由について。
タイ・アユタヤの物件のローン
タイのアユタヤで購入した不動産物件のローンの組み方について。今回のコンドミニアムは銀行から融資を受けるのではない形で手続きを進めた。
アユタヤが万博候補地に正式決定!

ホーム サイトマップ
ホーム 投資を基礎から学ぶには 伊田の投資マップ お問い合わせ